技法

【日本画】木製パネルに和紙を張る方法は?張り方を初心者でもわかりやすく解説します!

この記事では、3ステップで和紙を木製パネルに張る方法をそれぞれ詳しく解説していきます。 1.和紙を切る パネルサイズより一回り大きめのもの×2枚→ 2.糊貼り 糊貼りをすることで木パネルから出るアク を目止めします。 しっかりと乾燥させます → 3.水張り 作品を描くための面を作ります。 しっかりと乾燥させて完成です。  

技法

【日本画】岩絵具の使い方は?初心者でも安心!準備から実践まで3ステップで徹底解説!

今回は日本画で使う岩絵の具の作り方をご紹介します! 岩絵具は大きく天然のものと人工の2種類に分けられます。 選ぶ際には粒子の細かさを表す番号に注意します。 5番(粒子が荒い)→13番(粒子が細かい) 「必要なもの一覧」 膠、絵皿、岩絵具、水 1.岩絵具と膠を絵皿に出してよく混ぜる 2.1に水を足してさらに混ぜ、完成

技法

水彩絵の具の選び方は?初心者におすすめの種類と特徴をわかりやすく解説!

水彩絵の具には大きく分けて透明水彩絵の具と、不透明水彩絵の具の2種類があります。 透明水彩絵の具は塗ると紙などの下地が透け、淡い表現が得意です。 また、乾いても水に触れると溶けるのでスケッチなどで彩色したい時にも使えます。 不透明水彩絵の具はアクリルガッシュとポスターカラーの2種類あり、 そのどちらも塗ると紙などの下地の色は覆われます。 アクリルガッシュは乾くと耐水性になり固定され絵の具を盛り上げたりできますが、 ポスターカラーは乾いても水に触れると溶けます。

技法

【日本画】チャコペーパーとは?どこで買える?カンタンな使い方を解説!

チャコペーパーとは? チャコペーパーは、転写紙という紙の種類になります。 水性の転写紙のため写した線に水につけると消えてしまいます。 また、裏表があり 支持体側につく面は触ると粉っぽく、見た目は光沢のないマットな質感になっています。 日本画に使うなら、おすすめは「転写紙 スーパーチャコペーパー(440mm×1m)ブルー」(メーカー:チャコペーパー) こちらは通販ではゆめ画材.comやamazon等で取り扱いがあります。

日本画

日本画を描くには何が必要?どこで買えばいい?徹底解説します!

日本画を描くために必要なものを解説します。 初めてでも簡単に揃えられるおすすめ品も合わせてお伝えしていきます! 絵の具(岩絵具・顔彩)/膠 -にかわ-/支持体 -しじたい-(和紙や絹など)/チャコペーパー/筆/筆洗 -ひっせん-/乳鉢 -にゅうばち- これらがあるとすぐに始められるので一式あると便利です